展示解説ボランティア募集中

広島市江波山気象館は、旧広島地方気象台の建物を保存・整備し、
全国唯一の「気象」をテーマとした博物館です。

気象館の本館は昭和9年に建築され、昭和20年の原爆で被害を受けた建物です。
また、建物のつくりや装飾なども美しく、建築学的にも高い評価を受けています。

さらに、昭和10年から昭和20年8月6日を含め、
一日も休まず気象観測を行っていた歴史もあります。

このような気象館の歴史や建物について、来館者に解説する
「展示解説ボランティア」を募集いたします。

みなさんも一緒に「学び」「活動」しましょう。

詳しくは、お電話にて江波山気象館まで。
電話   082-231-0177
受付時間 午前9時~午後5時 ※休館日は除く