△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2005年 6月2号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
梅雨前線付近の様子 
============================================================================

 梅雨前線は、オホーツク高気圧と、太平洋高気圧がぶつかり合って発生
すると言われているが、果たしてそうなのか、発生形態を詳しく見ること
にする。

  図は、梅雨時における日本付近の気団分布を示したものです。梅雨前線
付近は南北の気団の勢力争いの場で、押し合いの結果、前線は南北振動を
し、消長を繰り返し、天気に変化を与えます。

 
通常、梅雨前線の活動は、6月より、7月の梅雨末期の方が、集中豪雨
を発生させます。


 図の、北海道付近の気団はオホーツク海高気圧に、日本の南の気団は太
平洋高気圧に対応。中国南部からのモンスーン気団は太平洋高気圧より、
多湿で舌状に進入いてくることから「湿舌」と呼ばれ、豪雨をもたらすた
め、恐れられている。


 中国大陸からの大陸性の気団は比較的暖かく乾燥している。
梅雨前線は、
日本の東では共に海洋性気団で、南北の温度差が大きい。一方、西日本付
近から大陸にかけては、温度差が少なく、水蒸気量(湿り具合)の差が大
きいのが特徴である。

 梅雨時の豪雨はモンスーン気団の、大量の水蒸気の輸送によりもたらさ
れるが、水蒸気の輸送にもリズムがあり、南西気流が強まるとその先端部
(湿舌)で豪雨が発生する。
梅雨時の豪雨災害に備え万全を期したい。