△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2005年 11月2号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
「しもやけ」と「唐辛子」 “おばあちゃんの知恵と諺”
============================================================================


 北風小僧の寒太郎が吹くと、露出した耳や指先が寒さでちぎれるように痛く感じる
ことがあります。

 昔は、耳や手足の指などに「しもやけ」がよく出来たものです。
 「しもやけ」は、繰り返し、寒冷な空気に皮膚を晒しておくと出来やすく、抹消組
織の皮膚温の低下により発症します。
 特に局所が水に濡れていると起こりやすく、寒冷でも、乾燥していると起こりにく
いと言われています。

“おばあちゃんの知恵”としての諺に「靴の爪先に唐辛子を入れておくと凍傷が防げ
る」とあります。
 この場合の凍傷は「しもやけ」程度の凍傷を指していますが、医学的には抹消組織が
凍らない軽症のものを「しもやけ」と呼び、組織が凍る重症のものを「凍傷」と言い
ます。

 「しもやけ防止法」は、おばあちゃんが、先祖から伝承されてきたもので、靴の爪
先に唐辛子を入れると、唐辛子の辛さの成分が皮膚を刺激して血行を良くし、爪先を
暖め、しもやけや凍傷に罹りにくくなるのです。

 今では、手袋、耳あて、マスクなどによる防寒対策で「しもやけ」は少なくなって
いますが、注意すべきは、窮屈な靴を履はかないようにすることが必要です。足が窮
屈になると、爪先の血行が悪くなり、「しもやけ」や「凍傷」に罹りやすくなります。

 特に冬山の登山やスキーなど、山に出かける人は靴に留意する必要があります。
“おばあちゃんの知恵”唐辛子を一度試して見られてはいかがでしょうか。

 手袋の指先なども濡らさない様に注意してください。