△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2007年 1月1号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
「寒さと体感温度」
============================================================================

 寒さが身にしみる季節ですね。風が強くなると、より寒さを感じます。
 
 私たちが寒さを感じる主な原因は、気温が低いと皮膚から奪いとられる熱が多い
ことが関係しています。

 通常、私たちの体温は、体内でつくられる熱と体から奪われている熱の量がバラ
ンス良く保たれており、36℃〜37℃の一定の温度を保っています。

 ですが、気温が低いときなど体温と温度差が大きいときは、体内の熱の量よりも
奪われていく熱の量が大 きくなるため、体の熱が下がり、寒く感じます。

 同じ気温でも、風が吹いているときは、吹いていないときよりも寒く感じます。
風が吹くと、私たちの皮膚に接している、体の熱であたためられた空気が飛ばされ
てしまい、肌に直接冷たい空気があたるためです。

 一般には、風速が1メートル増すごとに体感温度は1℃下がると言われています。

 このように、実際の温度と違い、私たちの体が感じる温度を体感温度といいます。

 外出するときには、冷たい空気や風が直接皮膚にあたらないように、マフラーや
タートルネックのセーターを身に着けるなど防寒対策をこころがけ、寒さと上手に
つきあいましょう。