△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2007年 2月1号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
「風花(晴れていても雪が降る?)」
============================================================================


 雲ひとつ無い晴れた日に、遠くの雪雲から飛んでくる雪のことを「風花」といいま
す。

 冬型の気圧配置が強まり大陸から日本列島に寒気が押し寄せてくると、日本海側で
降った雪の一部が日本列島の中央にある山脈を越え、太平洋側に流れ込むと見られま
す。

 風花は数十キロ先からでも飛んでくることもあり、気温が低いため、雪の結晶は太
陽の光を受けてもとけずにキラキラと光り大変きれいです。

 今シーズンの冬は厳しい寒さが続くことが少ないですが、昨年は中国山地を越える
際に2度ほど美しい風花を見ることができました。このような日は内陸では真冬日
(最高気温が0℃未満の日)になっていることが多いです。

 1月末から2月の上旬、広島の平均気温は1年のうちで最も低い時期に当たりま
す。

 今年はエルニーニョの関係もあるかもしれませんが、1ヶ月予報によると、中国地
方は2月末までは暖かいと予報されています。風花に出会う機会もいつもより少ない
かもしれません。