△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2007年 3月2号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
花曇と花散らし
============================================================================

 桜の花が咲く季節、やわらかな曇り空がつづくことを花曇りといいます。

 移動性高気圧の後からやってくる低気圧に伴う巻層雲によるうすぐもりや高層雲に
よる曇り空をさしていることが多いようです。

 春のくもり空がやわらかく感じられるのは、春の暖かさに加え、空気中に舞うほこ
りや黄砂、靄(もや)などの影響もあるようです。

 花曇りはその響きから春ののどかさを表現する季語にもなっているようですが、低
気圧の接近、天気の下り坂を知らせるものでもあります。桜が満開を迎えた後の激し
い雨や強風は花散らしとも呼ばれ、満開の桜も一夜にして散ってしまうこともありま
す。

 「散る桜 残る桜も散る桜」とうたわれるように桜の花もいつかは散りゆくわけで
すが、できればおだやかな光のなかでゆっくりと散る桜を眺めたいものです。

 江波山公園では、ソメイヨシノがたくさんの花を咲かせ始めました。また、江波山
気象館では春の展示「櫻コレクション展」を開催しています。
 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。(〜4月22日まで)
 http://www.ebayama.jp/sakura%20collection.html