△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2007年 4月号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
こいのぼりと吹流し
============================================================================

 まもなく5月。いろんなところで「こいのぼり」を見かけます。こどもの健やかな
成長を願う風習で、元々は一枚の布や紙に鯉の絵を描いた旗のようなものだったそう
です。
 この「こいのぼり」が悠々と泳いでいる姿は、見ていて気持ちのいいものです。

 では、「こいのぼり」は、どれくらいの風があると元気よく泳ぐことができるので
しょうか。

 大きさにもよりますが、風速2メートル以下だとほとんど泳がず、風速3メートル
になると、支柱に対して約45度の角度で泳ぐようになります。

 風速が4メートルを超えるとその泳ぎ方も美しくなり、5メートルを超えると支柱
に対して90度、地表面に対して平行に泳ぐようになります。

 このように、「こいのぼり」の泳ぎ方で風速の予測ができることから、この時期、
意外なところで「こいのぼり」が活躍します。

 ゴールデンウィークには、多くの人が高速道路を利用します。高速道路の脇では、
風の向きや強さをドライバーに知らせるため、いつもは吹流しがつけられています。
 この時期には、吹流しが「こいのぼり」に代わるところがあります。

 すべての場所で、このような粋なはからいがされているわけではないでしょうが、
長距離ドライブで疲れたときや渋滞でイライラしたときに、「こいのぼり」が悠々と
泳いでいるとちょっと和む気がします。

 しかし、「こいのぼり」が真横になって、泳いでいるときは、それだけ風も吹いて
いるという知らせでもあるので、くれぐれも横風などには注意が必要です。