△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2010年 2月号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
大津波・津波の津波警報を発表
============================================================================

 2月27日15時34分頃、南米西部(南緯36.1度、西経72.6度)で、地震の規模(マグニチュード)8.6(推定)の地震が発生しました。
 この地震に関連して、気象庁は平成22年2月28日09時33分に、大津波・津波の津波警報を発表しました。(気象庁ホームページ: http://www.jma.go.jp/jp/tsunami/)

 北海道太平洋沿岸東部、小笠原諸島などでは、津波の予想到達時刻28日13時ごろと予想されています。

 過去に大津波の津波警報が発表されたのは、1993年北海道南西沖地震以来史上4度目で、いずれも3m以上の津波を実際に観測しています。大津波・津波の津波警報の地域の沿岸では、直ちに安全な場所へ避難するなど十分な対策が必要となります。

 また、広島を含む広い範囲で、津波注意報(高いところで0.5m程度の津波が予想され、注意が必要)も発表されており、津波の到達予想時刻は、呉で17:30分、広島で18:00と発表されています。

 今回とほぼ同じ遠隔地の地震による津波としては、1960年5月23日に同じ南米のチリ沿岸で発生した津波が22.5時間後に日本沿岸に到達し、三陸沿岸などを中心に全国で死者・行方不明者142名という大きな被害がありました。

 遠くで発生した地震による津波については、昨年9月のメルマガでもお知らせしましたので、興味のある方はご再読ください。

 http://archive.mag2.com/0000070285/20090930200557000.html