△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2010年 8月号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
秋の鳴く虫
============================================================================

 ニイニイゼミやアブラゼミ、クマゼミたちの鳴き声が響き渡っていた江波山でも、
ツクツクボウシが鳴いたり、夕方には、カネタタキなど秋に鳴く虫の声が目立つよう
になりました。

 鳴く虫といえば、音を出す虫として、セミやコオロギ、キリギリス、バッタなどが
浮かびますが、狭い意味では文部省唱歌で有名な「虫のこえ」の歌に出てくるマツム
シやスズムシやクツワムシなどのコオロギやキリギリスの仲間の虫たちのことを指し
ます。

 鳴き声といっても、人のように口から音を出しているわけではなく、翅(はね)と
翅をこすりあわせて音を出します。鳴く虫たちはオスが鳴くことが多く、鳴き声に
も、メスを呼ぶ時の「ひとり鳴き」や、なわばりに他のオスがやってきたときの「お
どし鳴き」、反対にメスがやってきた時の「くどき鳴き」などの種類があります。ふ
つう私たちがよく聞くのは「ひとり鳴き」であることが多いようです。

 日本人は昔から鳴く虫たちの鳴き声を楽しんできました。平安時代にはコオロギや
キリギリスの鳴き声を歌に詠んだり、捕まえて鳴き声を楽しんだようです。江戸時代
になると虫売りが商売として成り立っていました。近年は都市化が進んだ影響などで
私たちの関心も薄れがちですが、今年の秋は古来私たち日本人が親しんできた鳴く虫
の声に耳を傾けてみていはいかがでしょうか。

 「虫のこえ」に登場する虫たちのうち、マツムシやクツワムシなどは都市部ではほ
とんど聞くことができなくなってきました。私たちが聞きとりやすく、都市や郊外の
住宅地などでも聞くことができる虫としては、畑などでよく聞くことができるエンマ
コオロギ(コロコロリーと鳴く)やツヅレサセコオロギ(リリリリリリリリ…と鳴く
)、公園や家の植え込みなどで聞くことができるカネタタキ(チン、チン、チンと鳴
く)、街路樹で大音量で鳴いているアオマツムシ(リーリーリー…と鳴く)などが挙
げられます。

 ところで、このコオロギの仲間たちが鳴く頻度は気温に関係があるといわれていま
す。虫は変温動物なので、気温によって体温が変わり、それによって鳴き方が変わる
のだそうです。たとえば、スズムシは15℃以下になると鳴かなくなるとか、コオロ
ギの仲間は、暑い夏のうちは夜しか鳴かないが、秋になると昼も夜も鳴くようになる
といわれています。カネタタキは8月の終わりにはせわしなく「チン、チン、チン」
と鳴いているのですが、11月にもなるとゆったりとしたテンポで鳴いているのを聞
くことができます。

 まもなく9月。朝晩は少し秋の気配が感じられるようになりましたが、気象庁8月
27日発表の1カ月予報では、中国地方は8月28日(土)〜9月3日(金)の期間
で気温が平年より高い確率が80%、9月4日(土)〜9月10日(金)で70%
と、暑い日が続くと予想されています。しばらく厳しい残暑に苦しめられそうです
が、これからの季節は鳴く虫たちの鳴き声やそのテンポで秋の訪れや深まりを感じて
みませんか。

兵庫県立人と自然の博物館・自然と環境の学習素材
(コオロギやキリギリスなどの鳴く虫のほかセミやカエルの鳴き声が聞ける)
http://hitohaku.jp/education/sound/index.html

気象庁 季節予報
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/