△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2011年 12月号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
冬至、冬なか冬はじめ・・・
============================================================================

 今月22日は二十四節気の一つ冬至(とうじ)です。この日を中心に、12月から1月に
かけて太陽は、空の最も低いところを通ります。例えば、太陽の高度が最も高くなる正
午頃をみると、夏至で高度角約79度程度なのに対して冬至で約30度程度です。太陽高度
が低いと、家の中にいても、太陽の光が部屋の奥まで差し込み、寒さを和らげてくれま
す。
 一方、12月の満月は、高度の低い太陽の真向かいになるので、空の高いところを通り
ます。10日は皆既日食がありましたが、当日の広島市内は、雲があるものの、比較的観
察しやすいお天気でした。全国的にも、月食の始まりから終わりまで観測できる好条件
の皆既日食でした。
 この日の広島の最低気温は3.4℃。県北からは積雪のニュースも聞かれ、寒い一日でし
た。また、16日は、広島市内で、この冬初めて降雪を観測しました。初雪の観測は、昨
年と同日で、平年より5日遅い記録となりました。
 寒さの増すこの季節。気温の変化を見てみましょう。冬至の後に、小寒(しょうかん)
1月6日頃、大寒(だいかん)1月21日頃と続きます。12月下旬から1月の旬ごとの日最低
気温の平年値[昭和56(1989)年から平成22(2010)年30年間の平均値]を調べてみると、
12月下旬2.8℃、1月上旬2.1℃、1月中旬1.9℃、1月下旬1.2℃でした。やはりこれからが
冬本番といった感じです。その後、気温が上昇しはじめるのは、立春(りっしゅん)2月
4日頃以降になります。
 冬至については、様々な言い伝えや風習が残っています。その一つは、ゆずについての
習慣です。それは、寒さに備えるために、ゆず湯に入り体を温めると、一年中無病息災で
送れるといわれるものです。寿命が長く、病気にも強いゆずの木にあやかり風習になった
といわれています。
 また、かぼちゃを食べる習慣もあります。これは、緑黄色野菜の少ない冬に、カロチン
やビタミンを多く含むかぼちゃを食べ、風邪などへの抵抗力をつけようとした昔の人たち
の知恵だといえます。そして、元気に冬を越せるようにとの願いを込め食べていたようで
す。
 クリスマスにお正月準備と、何かと忙しい12月です。風邪をひかないように、日々の体
調管理にも注意しておきたいですね。