△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

江波山気象館 メールマガジン
▲▼▲お天気かわらばん▼▲▼

2013年 2月号
メールマガジン版江波山気象館情報しおかぜ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

広島市江波山気象館から
気象に関するさまざまな情報をお届けします。
http://www.ebayama.jp
============================================================================
温度のはなし
============================================================================


 海外へ出かける場合、現地の気温を参考に、服装や持ち物等の準備をしますね。海
外の気温を現地のwebサイトで調べると「何と70度!どういうこと?」と驚いた経験は
ありませんか。実は、ヨーロッパやアメリカでは、気温を華氏目盛で表示しているこ
とが多いです。一方日本では、摂氏目盛の温度表示使っているため、天気予報の中で
気温が華氏目盛で表示されると、暑いのか、寒いのか ピンとこない感じですね。摂
氏=(華氏−32)×5÷9で変換できるので、華氏70度というと摂氏21度になります。
では、この2つの温度の目盛はどのように決められたのでしょうか。
 当初、温度の目盛のつけ方は、様々でした。例えば、バターの溶ける温度と水の凍
り始める温度を基準としてみるといったように、あまり確かな値ではなく、その数値
のつけ方もまちまちでした。
 そうした中、1724年ドイツのファーレンハイトが提案した華氏目盛は、実際に世の
中に普及して効果をあげた最初の目盛です。目盛の決め方には諸説ありますが、その
一つを紹介します。当時、氷水に塩を混ぜ得られた最低温度を0度、健康な人の体温
を基準に、その間を24等分し、さらにその1目盛を4等分し設定したのだそうです。
 この温度目盛は、現在も欧米等で広く使われています。この目盛が普及した理由は、
彼の作った温度目盛が、当時作られた他の温度目盛に比べて、格段に正確であったた
めだといわれています。
 では、私たちが普段使っている摂氏目盛は、どのようにして目盛の間隔が決められ
たのでしょうか。この目盛は、1742年スウェーデンの天文学者セルシウスによって考
案されました。この目盛は、1気圧のもとで溶ける氷の温度(氷点)を0度、沸騰す
る水の温度(沸点)を100度として設定しました。しかし、この時の目盛は、現在の
目盛と表示が反対で、沸点が0度、氷点が100度になっていました。その後、改良さ
れ、今の目盛のようになりました。
 摂氏目盛と華氏目盛を使い、氷点や沸点を表すと、氷点摂氏0度は華氏32度、沸点
摂氏100度は華氏212度になります。華氏目盛は、摂氏目盛に比べ、ずいぶん大きな値
になります。そのため、摂氏目盛を使っている人が、華氏目盛を使っている国へ行く
と、驚くことになるのです。
 ところでなぜ、華氏・摂氏と書くのでしょうか。これは中国の表記で、ファーレン
ハイトを華倫海、セルシウスを摂爾修と書いたことから来ています。また、単位も、
それぞれの名前の頭文字からきています。
 普段なにげなく使っている温度ですが、この温度の決め方一つにも、多くの人たち
の成功や失敗などの努力の積み重ねがあり、この努力が現在の生活を支えているので
すね。